【今月の表紙】『里すずめ ねぐらの仮宿』
大判三枚続きの内右二枚 弘化3年(1846)喜多屋孫兵衛版

特集 この一年でハマったモノ・コトはなんですか?
連載「粋人有情」……日本橋「『江戸情緒』のリアリズム」 青山真治(映画監督)

 

最新号

【今月の表紙】『里すずめ ねぐらの仮宿』
大判三枚続きの内右二枚 弘化3年(1846)喜多屋孫兵衛版

特集 この一年でハマったモノ・コトはなんですか?
連載「粋人有情」……日本橋「『江戸情緒』のリアリズム」 青山真治(映画監督)

最新号を読む >>

【4月号連載】江戸屋

【最新号】月刊日本橋アーカイブ

登録有形文化財に指定された風情漂う外観の引き戸を開けると、化粧ブラシ、洋服ブラシから歯ブラシや亀の子タワシまで所狭しと並び、吹き抜けの天井にもブラシ類が吊り下げられ、まさに目の前に広がるのはブラシのワンダーランド。  長い歴史の中で天然毛にこだわってきた江戸屋のブラシの数々。
つづきを読むnext