【今月の表紙】福禄寿 あたまのたハむれ 天保期(1830〜1844)伊場屋仙三郎版

 

特集 吉田五十八

粋人有情 「夜の散歩と真昼のそば屋」宇野常寛(評論家)

 

最新号

【今月の表紙】福禄寿 あたまのたハむれ 天保期(1830〜1844)伊場屋仙三郎版

 

特集 吉田五十八

粋人有情 「夜の散歩と真昼のそば屋」宇野常寛(評論家)

最新号を読む >>

【4月号連載】浜町ちーず

【最新号】月刊日本橋アーカイブ

 春風がまちの中をふんわりと通り抜けれ ば、その陽気な季節に甘い一口を添えてみ たくなる。明治座の近く、東京洋菓子倶楽 部の〈浜町ちーず〉は、深いコクが特徴の 発酵バターに、牛乳、卵黄、小麦粉、砂糖 を加えて、職人がゆっくりと炊き上げていく カスタードクリーム作りから始まる。
つづきを読むnext