【12月号連載】紅花別館 A5ランク和牛テンダーロイン

【最新号】月刊日本橋アーカイブ

 戦後の焼け野原に咲いていた一輪の紅い花に夢を託し名付けられた〈紅花別館〉。そこに今なお鮮やかな紅色を放つ逸品がある。厳しい条件をクリアした牛肉だけに与えられる最高級ランク〈A5〉を誇る和牛テンダーロインだ。ヒレでありながら、サシの入った光沢ある肉の面からは、肉の王者たる風格が漂ってくる。熱せられた鉄板の上で溶け出す透き通った良質の脂、じゅわりと表面に浮かび上がってくる肉汁が、肉の存在感をどんどん増していく。
つづきを読むnext